2017年11月27日

恨み言だったのか?

 夢の中の私は机に向かって、何か作業をしていました。
その机は右・左の二方向に仕切り版がついていました。
 夢の中の私が右のほうへ視線を向けると、仕切り版に文字が書かれていることに気づきました。
その仕切り版には、誰かが墨で書いたと思われる文字がみっしりと書かれていました。
そのなかで、ある一文を読んでみると「  は許せない」と書かれていました。
夢の中の私は寒気がして、その文字を見なかったことにしました。
怖いならその机から離れて、別の机で作業をすればいいような気がするんですが、
机がそれしか無かったんですね。

 空欄部分は何と書かれていたのか思い出せないんですが、ぞっとした夢でした。
なんなんでしょうね、この夢。
というか夢の中の私はなんで座るときに、文字の存在に気づかなかったんだって話になるけど…(笑)
posted by ねる at 20:34 | 夢日記
スポンサーリンク